大島2日目の1本目

大島2日目(8/24)の1本目。前日よりは暖かい感じです。

見たもの;アカホシカクレエビ/フリソデエビ/ガラスハゼ/ヒシャモンエビ/ヒメニラミベニハゼ/ダイダイヨウジ/サクラダイ/ヤマドリ/ミナミハコフグyg/ベニカエルアンコウ/オシャレカクレエビ/コウワンテグリ/クロスジギンポ
c0018284_17411172.jpgc0018284_17422279.jpg
c0018284_17452527.jpg
今回の旅行の目的;チーザの美味しさを皆に伝える ←これが達成できて良かったす。
嬉しかった事は、フリソデエビに会えた事です。まさかここで逢えるとは。
c0018284_17471714.jpg
なんとなく今までのパターンだと、2日目は天気悪しで波高々、、、だったのが、天気悪しだけど波は穏や~かだったので救われました。
2本目へとつ・づ・く。
[PR]
# by kiyomi-116 | 2008-08-30 17:51 | 伊豆大島 | Comments(2)

三本目は温泉 → 椿山 → 2日目

大島1日目の2本が終わると、なんと全員が2本で終わらせるといふ。
めずらしいこともあるものだ。ってか、初めてだ。
で、みんなで温泉に行きました。
宿泊はいつもの「椿山」です。お刺身が美味しかったです。c0018284_15412025.jpgc0018284_15403629.jpg
c0018284_15413560.jpg
明け方、寝てたらなんかものすごーく雨が降ってる音がしました。。。
あ~、器材乾かす時だけ晴れないかな~。
その願いは叶えられ、見事に器材乾かすときは晴れててラッキーでした(←「何パワー」だかわからんが良かった・・・)。
c0018284_15532560.jpg
2日目ログに つ・づ・く。
[PR]
# by kiyomi-116 | 2008-08-29 15:55 | 伊豆大島 | Comments(0)

2本目はハゼ地帯。

8/23 2本目はハゼ地帯に行くことになりました。
そうか、この世にはハゼ好きが多いのか。
みんな砂地でずーっと粘ってます。
寒いのによく平気だな~、よくDECOらないな~。。。と5mくらい上から観察。上から目線でおもしろい(普段出来ないもん)。
c0018284_7365249.jpg
c0018284_7372341.jpg

8/23 13:33~
水温; 20度
潜水時間; 59分
見たもの;ハゼに群がるダイバー
       コブダイyg
       ミノカサゴ
       ヒレナガネジリンボウ
       ヤシャハゼ
       ヒラタエイ
       ワニゴチ
       イロカエルアンコウyg
       オトメハゼ

c0018284_753425.jpg
c0018284_7363326.jpg
ちゃんとヤシャも撮りましたよ~。
パッと撮ってサッと終わらせるのがかっこいい(?!)
[PR]
# by kiyomi-116 | 2008-08-28 07:59 | 伊豆大島 | Comments(7)

新宿西口・高層ビル街

新宿西口から、某高層ビルに行きました。
c0018284_17385640.jpg
c0018284_17392619.jpg
   ↑半分隠れた都庁。

もしかしたら駅から迷うかも、迷わなくてもちょっと歩くかも、と思い早めに着いてお茶しようと思いました。予定の20分前に着きましたが、お茶するとこが見当たらない。やたら歩いてまた迷ったら困るから、そこのビルの広場(喫煙所らしい、おじさん達の憩いの場だった)で、コーヒーを飲んで時間を潰しました。
c0018284_1742461.jpg
目の前に見えるは、かの有名な「京王プラザホテル」。

さて帰りです。
小田急線の代々木八幡駅まで歩きました。地図で見たら、「これなら余裕で歩けるだろう」的な距離でした(←予想;一時間以内)。

距離的には余裕ですが、死ぬかと思いました。靴がいつもの運動靴ではなく、2.5cmくらいのパンプスです。まぁそれは、そんなに痛めな靴ではないのでガマン、ガマン。
もっと悲惨だったのは、炎天下のアスファルトです。
炎天下をナメンなよ!っ・・・
でもなんとか耐えました、と言うかもうダメかも、倒れるかも、と思ったら駅が出てきました。
c0018284_21123662.gif
その時の軌跡。1時間はかかってないと思います。↑
これならまた使える!(行ける!)、炎天下でなければ・・・
[PR]
# by kiyomi-116 | 2008-08-07 18:00 | Comments(7)

富士登山-6 下山

それでは下山開始ー!
9:30に山頂郵便局を通過して、10:15頃だろうか下山道に着きました。
砂がひどくて、マスクしてるけど、普通のサングラスだと目に砂ぼこりが入ってきます。
目が痛いよー>_<

胸突江戸屋で休憩。朝が早かったので、お腹がペッコペコです。
でも大した食料がありません(;_;)
やさしいmieさんが私にエネルギーお菓子を与えてくれました。ありがとう♪助かりました。

八合目の江戸屋(自分たちが泊まった山小屋)、ここで緊張です。分岐点です。
c0018284_19103382.jpg
↑この看板は前日の行きに撮ったんだけど、いざ帰りにこの看板を目印にしようと思ったら見当たらなかったんだけど?
あまりの疲れで看板を見落としたんでしょうね。でもちゃんと行きに歩いた道は覚えているし、「須走口」の小さな看板をたよりに向かいました。
c0018284_19145424.jpg
ほどなくすると、砂走り。
よく解説に「砂走りが楽しめる」、って書いてあるけど、これ楽しいか?なんかあんまり私には受け入れられない感じでした。走る感覚で下れる、って言うけど、走りたくない、走る意味がわからない、恐くて走りたくない、って感じでした。

途中でどっかで休憩を入れたかったんだけど、どこか目印になるところで休まないと、バス停までの所要時間がどれくらいかも計算しないとです。
新松田行きのバスは、1本逃すと2時間とか3時間とか来ないんです。そりゃあ、走らないと乗れない間に合わないんだったらあきらめて次のに乗りますが(最終の1本前)、なんとか間に合いそうな時間帯です。

ようやっと砂払五合で休憩。「バス停まであと30分」となってます。これならバスの出発時間の40分前くらいに着いて、ご飯食べる時間もありそうです!

12:50 五合目到着~!
お昼ごはんのところが混んでて、けっこう食べるのに時間がかかりました。
なんかバス停、長~蛇の列!私でギリギリ座れました。
行きは空いてたのに変だな~、なんで帰りだけこんな混むんだ?>バス。わかんないけどそう言えば須走り口って「下山で有名」だからかな。
もうちょっと本数増やして欲しいわ~>新松田行き。ちなみに、この日のマイカーは4km先まで列を作っていたとか・・・。

富士山 お・わ・り。
[PR]
# by kiyomi-116 | 2008-07-29 19:44 | 富士登山 | Comments(2)

富士登山-5 頂上 → お鉢めぐり

ご来光も見たことだし、また頂上目指して歩き出しました(4:50)。
c0018284_1336963.jpg
5:25 本八合目の「胸突江戸屋」到着。けっこうな混雑です。その隣の「トモエ館」で休憩。
その時食べた、山小屋で渡されたレトルトの牛丼弁当です→

ご飯も食べたことだし、前日は18時頃から4:00までほぼすべて寝ていたので、快調・快調!
ただし、道が砂でズリズリしてちょっと歩きづらい。
まぁでもマイペースに、各カーブのところで景色に見とれるフリしてひそかに休憩!順調に八合五勺の「ご来光館」も過ぎました。

ここから異変が起きました。。。いえ、たっぷり睡眠をとったし、体調にはなんの異変もないんですが。
しばらく順調に歩いていたら急にピターっと止まりました。渋滞しました。
ご来光が終わった時間だから、空いてはいないにしてもこんなに前が詰まっちゃう程は渋滞しないだろう。。。と思っていたのに、大渋滞です。予想外です。事前のネット情報では、ご来光の時間をずらせば、大渋滞はないみたいに書いてあったんですが。。。やっぱ三連休で、大混雑なんでしょうか。
とにかく歩いてるより、立ち止まってる方の時間の方が長く、ようやく
7:48 富士山・山頂着!
c0018284_13492370.jpg
お鉢めぐりの開始です。
しかし、山頂に行くまでに全体力・気力を使い果たしてしまったようで・・・どうにも力が沸いてきませんでした。なんだかとっても疲れます。
それに私は今まで誤解をしていたようで、お鉢めぐりというのは、もう山頂にいるわけだから、登ったり下ったりしない平面な道なんだろう・・・、と勝手に思っていたら、けっこう登ったり下ったりするわけですね。
c0018284_13521563.jpg
一番高いところが富士山最高所の展望台。展望台に入るのに、列を作って並んでいたが、そんな気力はもちろんなく、スルー。
c0018284_13533256.jpg
郵便局の前。
もし、また富士山に行けたとしたら、山頂までで全力投球しないで、お鉢めぐり分の気力も残しとかなきゃ。。。というのが自己課題です!まぁいつものように「また次に行けばいーや」って感じで、課題が増えて楽しいです。
[PR]
# by kiyomi-116 | 2008-07-27 14:02 | 富士登山 | Comments(6)

富士登山-4 「江戸屋」 → ご来光

15:30に「見晴館」に着いて最後の休憩をしていました。
すると3組くらいそれぞれ違うチームの人が「この次が今夜泊まる宿の江戸屋だよ」と同じ会話をしています。えー、そんなにみんな江戸屋に泊まるのか!
まぁでも考えてみれば、この時間、この場所で休憩してる人の会話としては妥当です(ここより上に泊まる人がここで休憩するわけだから)。

「江戸屋」は2つあって下の「江戸屋」と35~40分くらいさらに登って行ったところに「胸突江戸屋」があります。
「江戸屋」さんを選んだ理由は。。。
①1日目で少しでも上に登っときたい(←須走口で一番上にある)
②ここは麓にも宿があって、山小屋営業期間外(5月とか6月とか)はメールで予約が出来る(電話が嫌いなんで)
③HPがある
などです。少しでも登っときたいので上の「胸突江戸屋」でもいいかな~、と思ったんだけど、ちょうど河口湖口と合流するところなんでうるさいかな~、と思いました。でもだからって下が静かな訳じゃないので(?)、次回はもっと上の方がいいかな~と思います。
c0018284_23355125.jpg
16:30 「江戸屋」到着。18時頃夕飯。いわゆるカレーライス。ちょっと量が足りないかな~、と思うけど、いつも夕飯は足りな気味なんで問題なし。

前後して、ご来光を拝むにあたり、何時に宿を出発しようか、という話しになりました。12時かな、いや混んでるから12時前かな。
すると同行者Mieさんが「別に頂上にこだわらなくても途中で見てもいいような気がする」と言いました。なーんだ、頂上で見なくていいなら話しは早い、夜中は寝てましょう♪
みんな夜中に出発したんで、あんなにギューギューの山小屋は嘘みたいに人がいなくなって、快適にグースカ、よく寝ました♪
4時に「もうすぐご来光だよ」と言われた時、正直「別にいーや」と思ったんだけど、せっかく富士山に来といてご来光見ないのもどうかと思うので見ました。時間は上から4:14、4:39、4:47
c0018284_23432313.jpg
c0018284_234343100.jpg
c0018284_23435737.jpg
行く前から「たぶんご来光見ても感動しないだろうな。うん、感動しない自信ある」と思ってたんだけど、やっぱり感動しませんでした。
別にご来光が見たくて富士山に登ってるわけではないのでいいです。
すっご~いお腹空いたけど、ここでお弁当食べると寒くて凍え死んでしまいそうなので、日も出てきたし、歩いてちょっとあったまって上でお弁当食べましょ、ということで歩き出しました。
そうそう、江戸屋さん1泊2食付で8,400円(税込・休日料金)。
なんだか写真撮らなかったんでどんな感じかは、遅ればせながらMieさんのブログで!

PS;写真追加しました。ご覧ください↓

ご来光追加写真(クリック!)
[PR]
# by kiyomi-116 | 2008-07-24 23:57 | 富士登山 | Comments(8)

富士登山-3 新六合→本七合

樹林帯は終わりを告げ、岩ごろごろの道をひたすら登ります。
c0018284_19533100.jpg
c0018284_19531648.jpg
樹林帯の方がよかったけど、まぁ岩ごろ道も気分転換にはいいかな。
12:00 新六合の「長田荘」を出発して、歩いて休憩のくりかえしで(たぶん休憩をたっぷりとったと思われ)
13:53 六合目 「瀬戸館」到着。
14:30 七合目 「大陽館」到着。
うー、そろそろ飽きたー、うんざりだー、疲れも出てきたー。。。と思った頃
c0018284_20531425.jpg
15:30 本七合目 「見晴館」到着。
c0018284_2162438.jpg
本日の宿泊場所 「江戸屋」まではあともう一息。
c0018284_2145088.jpg
もうちっとの辛抱なんでがんばりまーす!
[PR]
# by kiyomi-116 | 2008-07-23 21:07 | 富士登山 | Comments(6)

富士登山-2 五合目→新六合目

7月19日(土) 10:25 これから長ーい道のりのはじまりです。
まずは神社をくぐって。
c0018284_20252572.jpg
須走口のコースは最初は樹林帯の中を通っていきます。日差しが隠れて、風が吹くと気持ちいいです!
c0018284_20264066.jpg
ここは、軽井沢みたいだ、屋久島みたいだ、と好き勝手いいながら歩きます。
c0018284_20271467.jpg
登山道の看板を目印に歩いて行きます。この看板の下の一言メッセージがけっこう励まされます。。。
地図によると40分くらいで「鳥居」と書いてあるんだけど、そんなの出てこないよー。歩き始めは体が慣れてないので、もう休憩したくて、休憩したくて。。。45分くらい歩いてとりあえず休憩しました。
c0018284_20295837.jpg
この高くそびえる山はなんだ?と言っていたのですが、これが富士山なんですね。

須走口は、マイナーなコースであんまり登山者がいない、っと事前の情報にあったのですが(←ネット情報です)、けっこうひっきりなしに人が通り過ぎます。まぁ、行列を作るほどではなく、タイミングを見計らえばマイペースに歩けるので、まぁよしとしましょう^^。
やがてようやく一つ目の山小屋、
12:00 「長田荘」に到着。
c0018284_20362360.jpg
意外と順調。苦しさで言ったら、前の週の高尾山の傾斜のキツイとこの方がよっぽど苦しいかも。他のコースは知らないけれど、ここ歩きやすいコースで、須走口を選んで良かったな~、と思います。
[PR]
# by kiyomi-116 | 2008-07-22 20:54 | 富士登山 | Comments(4)

いよいよ本番! 富士登山-1

とうとう本番がやって来ました!2008年7月19日(土)

7:06町田発の小田急線で新松田まで向かいます。今回登る須走口は、小田急線の新松田駅からバスが出ています。御殿場からもバスが出てるけど、小田急で御殿場線に乗り換えナシで富士山に行けるなんて夢のようです(この路線は2007年から新設されたみたいです)。

7:50新松田着。ちょっと気合を入れすぎて早く着いたのでぼーっとバスを待ちます。
バスは8:30出発。10時着予定。
c0018284_108519.jpg
①急行停車駅だけど、のどかな駅です。20年位前の「相模大野」みたいな感じ
②なんかおもしろい食堂だから撮ってみた
③JR松田駅。駅名違うけど、目の前にある^^
④バスからの風景。東名です。
そう、「新松田ってどこやねん?」という方も多々いらっしゃると思いますが、東名の「大井松田」らへんです。
c0018284_10251055.jpg

少し早く9:45須走口五合目に到着しました!けっこう曇ってて、なんかひんやりします。寒いほどではないですが、さすがー、と思いました。。。
では、行ってきま~す。
の前に、まずは腹ごしらえ。ネットで登る前にうどんを食べると縁起がいい、とあったので「月見うどん」を食べました。
c0018284_10193175.jpg
ここで出された「しいたけ茶」がすごくおいしくて、販売もしていると帰ってから書いてあるのをみたので、買ってくれば良かった、と後悔しました。次回(?)はぜひ!
c0018284_1021035.jpg
では今度こそ本当に行ってきま~す!!
[PR]
# by kiyomi-116 | 2008-07-21 10:32 | 富士登山 | Comments(8)